店頭価格に注意 by ソープランドで楽しもう。時には高級ソープでセレブ気分を堪能しよう

ソープランドで楽しもう。時には高級ソープでセレブ気分を堪能しよう

工事現場で遊ぶ女性

店頭価格に注意


ソープランドを利用して楽しみたい、そう思った時には雄琴や吉原、川崎などに有るソープ街に行き、自分の所持金と店頭に表示されているような利用料金を元に、楽しむ店舗を決めます。
ですが、その際には少々注意しないといけない事があります。
それは、価格の表示が「入浴料」という表示になっている店舗は、利用する際に別途サービス料と呼ばれる料金を支払う必要がある、というものです。

このような料金表示というのは、ソープのような店舗に昔からある習わし、ルールのようなもので、利用価格の安い格安店から、非常に高額な高級店まで、様々な店舗でこのような料金の表示方法が取られています。
なので、どの価格帯の店舗を利用するときでも、このような料金表示をしている店舗を見つけた時には、別途サービス料が必要になる、というのを知った上で利用しないと、店舗に入って1時間お風呂で温まってそのまま帰宅することになってしまうのです。

なので、ソープを利用する際には料金の表示に気をつける、そしてサービス料が必要な店舗を利用する際に便利な、平均的なサービス料の計算方法を知っておきましょう。
計算方法は非常に簡単で、サービス料の平均的な額は「店頭価格×2.5~3」で求められます。
そのため、もし店頭に10,000円で利用できると掲載されているのであれば、店舗を利用する際には別途サービス料が30,000円、合計で40,000円が必要になるのです。